SSブログ

さすがアメリカの国民性。目立つ日本の後進性。 [発言]

アメリカでは、先の中間選挙で上院、下院共に民主党が共和党を上回って過半数を制した。

世界の超大国として、アメリカンスタンダードをおしつけ、単独行動主義で独走してきたブッシュ

共和党政権に、米国民は遂にブレーキをかけた。

01・9・11を根拠にして、アフガニスタンに攻め込み、イラクを破壊し米軍人とその幾百倍もの

アフガニスタンとイラクの人民を無差別攻撃して、累々たる屍の山を築いた。

しかし、その暴挙は自らの墓穴を深くより深くしていることにブッシュは気付かず、世界世論を無視

してイギリスや日本などの属国を巻き込み暴走を重ねた。

米国民は、そのブッシュのイラク政策にキッパリと反対の断を下した。

ブッシュの手の内で強腕振りを発揮してきたラムズフェルド国防長官は直ちに更迭され、

「進路を変えない」との決まり文句が封印された。だが米国民は、トカゲの尻尾切りで事を収めは

しないだろう。

きちんと意見を持ち、それを表現し、発揮し、行動する自由で民主的な国民性の良いところが、

今回は発揮されたように思う。

翻って我が国の現状には、目を覆いたくなってしまう。

世界から孤立する北朝鮮の核実験をここぞとばかりに悪用して、日本の核武装化を議論しようと

する、中川政調会長や麻生外務相らの確信犯と、それを容認している安倍首相には、衣の下の鎧

がはっきりと見えている。

日本国憲法に反したイラクなどへの自衛隊派兵は、直ちに中止すべきである。

安倍は、「安全保障を倍にする政権」などと愚にもつかない事で誤魔化さず、アメリカの民意より早く

日本の民意に従うべきである。

「談合」「文部科学省の自作・演出のやらせ発言」「大学受験のみを目的化した高校の未履修問題」

「後を絶たない深刻ないじめ自殺」こんな中での教育基本法改悪の強行採決や、平和憲法の改悪が

進められてはたまらない。

やらせ発言やNHKへの放送命令などをみるとき、戦前回帰どころか既に言論統制が始まって

戦中時に戻っている現実を認識し警戒を強めなければならない。

日本人の民主化度は正念場を迎えている。

それにしても、国事業をはじめ、あちこちの県の談合、裏金、我が長崎県下の自治体の「預け」。

まさかと思っていた長崎市までもが、「預け」の存在。

あーあ、この国はもう!


nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

angus

方向転換に至るまでに、3,000名近くの自国兵の命が失われなければならなかったのかとも思ってしまいます。大統領選挙という機会もあったのに...
もっと賢い存在でありたいと思います。
by angus (2006-11-11 23:45) 

toyoichi

>angusさん
ありがとうございます。
賢くこの国を見つめて行きたいと思います。
by toyoichi (2006-11-13 09:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。